2011/10/30

台北同志遊行2011(台北プライドパレード2011)

Ac_ogbACQAAAvYK.jpg

Ac_ocHkCEAE3Oik.jpg

Ac_ojhnCMAAfqDh.jpg

香港から足を伸ばして、Porta Rubraと同じく2003年に始まり今年で9回目を迎える、10月29日(土)に行われた「台北同志遊行2011」に参加してきました。「同志」とは、元来文化大革命時代の中国で、一般大衆がお互いを呼び合う呼称として使われてきましたが、今ではもっぱら「同性愛者」を指します。「男同志」ならゲイ、「女同志」ならビアンといった具合です。

さて、台北のパレードですが、今回の参加は二回目。前回は一昨年2009年に行ったのですが、世界各国のメディアが多く訪れて大いに盛り上がったため、今回もかなり期待度が高かったのですが、2009年に比べると、やや盛り上がりに欠けた感が否めませんでしたが。それなりに大規模ではあり、多彩なLGBTだけでなく、LGBTをサポートする団体や家族などの姿も見られたのですが、何か前回参加した時とは少し違った印象を受けたのです。

私の感じた違和感を物語ってくれたのが、ゲイである現地の友人たちの反応でした。「パレード、行かないの?」と聞くと「行かないし関心がない」「せっかくの週末にわざわざ行く必要がない」「そもそも知らなかった。宣伝が足りないよ」という、いささか冷たい反応。せっかく来たのに、盛り上がるのは観光客だけなのでしょうか。彼らからの話をよく聞くと、もはやゲイであることが台湾ではそれほど珍しいことではなくなりつつあり、普通のゲイである、ということがパレードに行って自己主張をする理由ではなくなりつつある、という感触でした。

そんなことより、彼らの関心事は、次期総統選に出馬する蔡英文・民進党党首がレズビアンかどうか、という点に移っていました。台湾独立をモットーとする民進党だけに、LGBTの総統が生まれたら、「台湾同志国」になってしまうかも、という期待すら抱かせます。その意味で大陸出身学生が掲げた「我們來解放同志(LGBTの同志を解放しに大陸から来た)」というプラカードにも、ブラックジョークとして笑わされました。

今回のパレードに話を戻すと、プラカードを掲げてメッセージを主張する人たちの中に、LGBTである障害者や先住民、また、トランスジェンダーやインターセックスなど性自認の問題を抱える人々も目立ちました。LGBTの中にあるマイノリティ、少数派の中の少数派が主張の担い手に変わりつつあるのでしょうか。ゲイであることは、日本や香港ではまだまだ公にしにくいものです。単にゲイであることがもはや主張のモチベーションとならない台湾では、LGBTを取り巻く状況が一歩先を行っているようです。同性結婚もアジアで最初は台湾かもしれませんね。

なお、私は行きませんでしたが、パレードの後のアフターパーティーや各種の関連クラブイベントは、それなりに盛り上がっていた模様。かつてヒットした台湾版ドラマ「花より男子」を地で行くノリで、まだまだ台湾は熱いと感じた次第です。(GINZA aka kazu)

関連リンク:http://twpride.org/
Hong Kong | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »